2021.06.15趣向を凝らした体感型展覧会「キングダム展 −信−」レポート

古代中華の春秋戦国時代を舞台にした大人気漫画『キングダム』。今年は「週刊ヤングジャンプ」での連載開始から15周年にあたり、作者である原 泰久は原画展の開催を一つの目標にしていたというほど。その意気込みが随所に感じられる「キングダム展 −信−」が6月12日(土)より上野の森美術館で開催されています。今回はその様子をレポートします。

kingdom_01.jpg第0章 無名の少年より ©原泰久/集英社

本展覧会では第438話までのストーリーで仲間や敵との出会い・別れを糧に成長を遂げる主人公・信を中心に全13章で構成。原 泰久監修のもと、感動の名場面を生原稿と巨大グラフィックで再構築されたファン必見の原画展です。
間近で見ると繊細かつ圧倒的な表現の原画の数々。そして美術館だからこそ実現したダイナミックで趣向を凝らした構成はファンでなくとも驚きの連続でした。

まず会場に入ると、まだ無名だった幼き頃の信がお出迎え。親友である漂(ひょう)との絆と別れのシーンから始まります。

kingdom_02.jpg第0章 無名の少年より ©原泰久/集英社

天下の大将軍・王騎を目の前にし、圧倒される信。信と同じように観覧者もその存在の大きさにを体感できるよう仕掛けた巨大な和紙パネル(高さ3m、横幅1.5m)は圧巻。

kingdom_03.jpg第2章 秦の怪鳥より ©原泰久/集英社

目まぐるしく変わる戦闘シーンを描き下ろしの原画と切り抜きで立体的に展示。頭上高くジャンプする信の姿がキャッチーです。

kingdom_04.jpg第3章 馬陽(ばよう)防衛戦より ©原泰久/集英社

過去の因縁から激しい鍔迫り合いを見せる激突シーンを中心に構成。漫画のコマをトリミングして、その瞬間をよりドラマチックに表現しています。

kingdom_05.jpg第4章 王騎と龐煖(ほうけん)より ©原泰久/集英社

偉大な大将軍・王騎の最期のシーンは原画を連続して見せ、最後には王騎の矛を受け継ぐ信の描き下ろしが展示されます。信の溢れる涙から、その手から、受け継いだ想いの重みが伝わってきます。

kingdom_06.jpg第5章 受け継ぐ者より ©原泰久/集英社

重要地「山陽」を賭け、激突する秦国と魏国。信にとって初めての一騎打ちを挑んだ武将・輪虎(りんこ)との戦いを大型パネルのグラフィックと雨音で表現し、臨場感が溢れます。

kingdom_07.jpg第7章 山陰攻略戦より ©原泰久/集英社

もう一人の主人公・嬴政(えいせい)が南道の蕞(さい)へ向かい、失意の信を受け止める涙のシーンは巨大なパネルで展示。そのほか、民兵を鼓舞する政の演説の原画の展示や、壮絶な戦いの再現も。

kingdom_08.jpg第10章 蕞の攻防より ©原泰久/集英社

この第11章からは本展覧会のオリジナル展開。信と政の前に立ちはだかる呂不韋(りょふい)との対峙、そして呂不韋の問いかけを、描き下ろしを交えて表現されています。

kingdom_09.jpg第11章 呂不韋の問いより ©原泰久/集英社

呂不韋の問いに対して政は「人の本質は光」と答えをぶつけ、政が過去に出会った紫夏(しか)や夢を託して死した仲間たち、そして信の存在を通して超特大パネルでダイナミックに再現。メッセージ性がより際立ち、訴えかけてくるようです。

kingdom_10.jpg第12章 人の本質は光より ©原泰久/集英社

kingdom_11.jpg第12章 人の本質は光より ©原泰久/集英社

エンディングではカラー原画16点を一挙に展示。そのうち5点は前期と後期で展示替えがあるそう。さらに、読切ネームやラフスケッチ、各章に入らなかった「おまけ原画セレクション」の設置も。

kingdom_12.jpg本展覧会のキービジュアルを含んだカラー原画 ©原泰久/集英社

kingdom_13.jpg作者・原泰久のコメント入りのおまけ原画セレクション ©原泰久/集英社

展示を観終わったら、展覧会公式ショップへ。購入には一人あたりの個数制限など限りがありますのでご注意ください。

kingdom_14.jpg公式グッズの一例 ©原泰久/集英社

kingdom_15.jpg右「メタリックアクリルキーホルダーコレクション」(全20種)各770円(税込)、左「コレクションチャーム」(全8種)各1,650円(税込)

kingdom_16.jpg手前「騰のマスキングテープ」800円(税込)、奥「箔押しスタンド~紅~ ポストカード2枚セット」900円(税込)

キングダムの魅力が新しい形で展開され、作品の世界観にどっぷり浸れる本展覧会。ぜひ体感してみてください。

キングダム展 -信-
会期 2021年6月12日(土)~7月25日(日)
※会期中無休 ※全日日時指定制
会場 上野の森美術館
10:00~20:00 ※最終入館は閉館の1時間前まで
料金(税込) 一般2,500円、大学・専門学生2,000円、小中学生800円/グッズセット(オリジナルステーショナリーセット)日時指定券4,300円、伍チケット(一般日時指定券5枚綴り)12,500円(ステッカー付き)
※オリジナル卓上カレンダーが来場者特典として付与されます
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル 全日9:00~20:00)
展覧会公式サイト https://kingdom-exhibit.com(外部サイトへ移動します)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本展覧会は一日当たりの入場者数を制限した「全日日時指定制」でのチケット販売になります。会場でのチケット販売はありません。

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top