2021.04.28【OSAJI松坂屋上野店】皮膚の健康と安らぎ、安心感を求めたコスメ

松坂屋上野店、1階のコスメフロアに注目のスキンケアブランドがオープンしました。その名は「OSAJI(オサジ)」、江戸時代での医者の呼び名「おさじ」に由来して名付けられました。

osaji_01.jpgスキンケアのほか、メイクのラインも人気急上昇中

OSAJIは2017年に第一号店が誕生したブランド。ブランドが生まれたきっかけは、創立者のお母様に起きたできごと。自然志向のお母様は、植物由来物だけで作られた化粧品を長年愛用していましたが、ストレスが引き金とななり、それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなってしまったそう。

植物由来のものでも、成分が強すぎることもある。必ずしも皮膚に安全とは限らないことを知った創立者は、肌に本当に安全な化粧品とはなにかを研究しはじめ、OSAJI誕生へと繋がっていきました。

osaji_02.jpg人気のスキンケアライン

OSAJIのスキンケアラインはフェイシャルだけでなく、ボディケアやヘアケアなど全体をカバーしているのが特徴。さらに、スキンケア、ボディケアは3種の香りと無香料の4種類から選ぶことができるのもうれしいところ。

松坂屋店が開店してまだわずかな日数しか経っていないにもかかわらず、すでにOSAJIファンのお客様が続々とカウンターにお越しいただいているそう。ヘアケアラインなどは、洗い上がりと香りの良さに男性のファンの方も多いのだとか。

osaji_03.jpg松坂屋上野店限定のパンダパッケージ。左から「ハンドクリーム」1,100円(税込)、ボディゲル1,980円(税込)

松坂屋上野店では、パンダパッケージ店舗限定品「ハンドクリーム」と、「ボディゲル」を発売中。「ハンドクリーム」は、レモングラスをベースにした、すっきりと爽やかな香りです。伸びもよくベタつかないので、パソコンやタブレットを使用中でも気兼ねなく使えそうです。

osaji_04.jpg左「ローソープ(半熟石けん)」1,760円(税込)、中央「ディフェンスミスト」2,200円(税込)、 右「ボディクリーム」2,530円(税込)

また、春らしい数量限定商品も。「ローソープ」は、グリセリンを取り除く前の状態の石けん。通常の石けんは、グリセリンを取り除いて固めてつくるものですが、うるおい成分の塊であるグリセリンを取ってしまうなんてもったいない、という発想から半熟状態のまま商品化されました。ピンクとグレーのツートンカラーもかわいらしく、ラベンダーとローズマリーの香りも春らしい。

「ディフェンスミスト」は、花粉や空気中の汚れを肌につきにくくし、みずみずしくしてくれるミスト。「ボディクリーム」は、肌のうるおいをしっかりキープしてくれます。

osaji_05.jpg「オードトワレ」4,950円(税込)は日本になじみの深い5つの花がベース

osaji_06.jpg淡い色がかわいらしいネイル1,870円(税込)も人気

そして、色使いがかわいらしいメイクラインも近年注目の的。ファッションブランド「IENA」とコラボしたネイル(写真手前)は数量限定とのこと。春らしい色味がキュートですね。

スキンケアもメイクもトータルで揃えられる、嬉しいコスメショップOSAJI。敏感肌の方も、そうでない方も、自分にぴったりのものがきっと見つかりそう。

OSAJI 松坂屋上野店
住所 東京都台東区上野3-29-5 松坂屋上野店 本館1階
TEL 03-5834-3688
営業時間 10:00~20:00
定休日 松坂屋上野店に準ずる
https://osaji.net/(外部サイトにリンクします)

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top