2021.02.05【クレール・ド・リュンヌ 本店】上質な素材で作られた本場フランスのお菓子

まもなくバレンタインデー。田原町にあるパティスリー・クレール・ド・リュンヌには、この時期大人気のチョコレート菓子やケーキが並んでいます。

clair-de-lune_01.jpg近年新しいお店が続々と増えている田原町前から徒歩5分。パリやリヨンのレストランで研鑽を積んだオーナーパティシエの乙坂佳史(おとさかよしふみ)さんが2013年にオープンしたクレール・ド・リュンヌは、近隣の住民はもちろん、遠方にもファンがいるパティスリーです。

clair-de-lune_02.jpg店内にはおいしそうなケーキがずらり。夕方には売り切れてしまうことが多いそう

clair-de-lune_03.jpgclair-de-lune_04.jpgclair-de-lune_05.jpg可能な限り上質なオーガニック素材を使用したケーキや焼き菓子はプレゼント用にも大好評です

焼き菓子も充実していて、ケーキと一緒に買って帰られる方も多いそうです。
このクレール・ド・リュンヌで2月は特にチョコレート系のお菓子が大人気。「贅沢ショコラ 極 」は、使うチョコレートはエクアドルとベネズエラ産の80%と72%のものをブレンドしたもの。お店の大人気商品です。豪華な箱も素敵です。

clair-de-lune_06.jpg「贅沢ショコラ 極 」3,240円(税込)は大切な方へのギフト用に美濃地方の和紙の表面に漆をかけた箱でラッピング

clair-de-lune_07.jpg原料はシンプルに、このチョコレートとバター、卵、砂糖の4つだけ。小麦粉もアルコールも使用していないため、チョコレートの風味をしっかりと感じられる重厚な味

clair-de-lune_01.jpg

12mmに切った「贅沢ショコラ 極 」。
濃いめに入れたコーヒーと相性がよさそうです

乙坂さんによれば、極は12mmの厚みで切って味わうのがベストとのこと。そして、何回かに分けて食べる場合は、1回目は常温で、次は冷たくして、そして3回目は電子レンジで軽く温めてから食べるのがおすすめとのこと。温度によって風味が変わるのを楽しめるそうです。

いただいたアドバイスどおりに、温度を変えて味わってみたところ、立ち上る香りや、食感などが大きく変わってきました。じっくりと時間をかけて味わいたい名品です。

clair-de-lune_08.jpg「チョコレートトリュフ」1個275円(税込)、 箱付き6個入り1911円(税込)。
高貴なキルシュの香りとチョコレートが溶け合います

そして、乙坂さんが現在力を入れているのがチョコレートトリュフ。トリュフは作るのに手間がかかるため、扱うお店が少なくなりつつある伝統的なチョコレート菓子。
「贅沢ショコラ 極 」と同じくオーガニックチョコレートを使ったトリュフは、最高級のキルシュがたっぷりと使われています。チョコレートの美味しさをシンプルに味わうのには、こちらもおすすめ。大人の味わいです。

バレンタインはもちろんのこと、ちょっとしたおみやげ、そして自分用にも買いたいお菓子がたくさんあるパティスリー。「贅沢ショコラ 極 」はオンラインストアで取り扱っているので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

クレール・ド・リュンヌ 本店
住所 東京都台東区寿3-8-5
TEL  03-3842-3470
営業時間 9:00~21:00
※緊急事態宣言に伴う営業時間変更の可能性あり
定休日 月
URL https://www.clair-de-lune.jp(外部サイトへ移動します)

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top