2021.01.15【二天一流総本舗】ユーザーインタビュー「セミオーダーシューズの使用感は?」

「上野が、すき。ステーション」にあるオーダーシューズの専門店・二天一流総本舗。職人自ら細かい要望までヒアリングしてくれ、ぴったりの一足を作ってくれます。その良さを聞きつけた上野案内所の女性スタッフが、2年ほど前にこちらで革靴を作りました。今回、履き心地などの使用感を改めてご紹介します。

niten_202101_01.jpg

上野案内所のスタッフが、約2年前に二天一流総本舗で作ってもらった革靴。「すっかり足になじみ、お気に入りの一足になりました」

二天一流総本舗のオーダー方法は2通り。寸法を測り、木型を起こすところから始めるフルオーダーと、既にある木型(22~25cm)から足に合ったサイズを選び、定番デザインをベースに作り上げるセミオーダーです。「オーダーシューズを作るのはこれが初めてでした」と言う上野案内所スタッフは、セミオーダーを選択。「オーダーメイドは敷居が高いと思っていましたが、こちらの職人さんは話しやすくて、自分の要望を言いやすかったです」。

元にしたデザインは、紳士靴のテイストを入れた紐靴タイプの「翼」(下の写真、右側の靴)。靴紐を通す「羽根」と呼ばれる部分を、元々の内羽根式から、「より紳士靴のようなキリッとした印象にしたい」と外羽根式(同じ写真、左側の靴)にカスタマイズしました。「婦人靴の中に、紳士靴のようなかっこよさも入れたかったんです。おかげで、スカートやワンピースはもちろん、パンツスーツにも合います」とうれしそう。革や縫い糸などの材料は、豊富なサンプルの中から好きなものをセレクトし、組み合わせています。

niten_202101_02.jpg写真右がベースになった定番デザインの「翼」35,640円(税込)~。これを外羽根式(写真左)にカスタマイズするには、別途料金3,000~5,000円(税込)

また、単にサイズを合わせるだけではなく、立ち方の癖も考慮して作ってくれたので、足にかかる負担が少ないんだとか。ヒール(高さ2.5cm。インナーソールを含むと計3.5cm)はありますが、「体をしっかり支えてくれ、長時間の立ち仕事でも疲れにくい」と言います。
なお、日々のメンテナンスは意外と簡単。「帰宅したらブラシで軽くホコリを払い、シューキーパーを入れておくだけ」。あとは、乾燥しやすい時期にクリームで保湿をしてあげるくらい。靴べらを使って履くと、踵が潰れないのでおすすめです。

niten_202101_03.jpg仕事着のパンツスタイルにもマッチ。プライベートではワンピースやジーンズとコーディネートすることもあるそうです

使い込むと色合いや質感が変わり、少しずつ味わいが増す。その経年変化もまた、革靴の醍醐味です。大事に履けば履くほど、やがて世界でたった一つの一足に。興味のある方は、お買い物のついでにまずはちらっとお店を覗いてみてください。

niten_202101_04.jpgマニッシュなデザインながら、先がやや細いかまぼこ型のヒールを合わせることで女性らしさも感じられます

二天一流総本舗 松坂屋上野店
住所 東京都台東区上野3-29-5 松坂屋上野店 地下1階(パルコヤ側)
TEL 03-3832-1111(代)
営業時間 10:00~20:00(職人滞在時間11:00~19:00)
定休日 元日(松坂屋上野店に準ずる) ※火曜日は職人不在の場合あり
http://2ten1ryu.com(外部サイトへリンクします)

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top