2020.12.24【和楽紅屋 エキュート上野店】有名パティシエが生んだパンダスイーツ

有名パティシエ・辻口博啓さんが手掛けた和楽紅屋には、エキュート上野店でしか手に入らないオリジナルパンダスイーツがあります。しかも、普段のおやつにぴったりのものから、手みやげに最適な日持ちするものまでずらり。パッケージもかわいいパンダデザインで、どれにしようか選ぶのもわくわくします。

warakubeniya_01.jpg和楽紅屋は、JR上野駅構内にあるエキュート上野の入谷改札側に入っています

生地がふわっとして柔らかい「パンダのおなか」。その名の通り、パンダのお腹をイメージして作られたそうです。生地には、小麦粉の他に米粉も使われ、ややもっちりした食感。ホワイトチョコレートとコンデンスミルクが入ったカスタードクリームが、たっぷりサンドされています。

warakubeniya_02.jpg

「パンダのおなか」250円(税込)。定番のカスタードの他、モンブランなど季節限定バージョンも。賞味期限は3日程度

ひときわかわいいのは、パンダの顔をかたどった「パンダ・サブレ」。個包装されているので、手みやげとしても人気です。サクッとした軽い歯ざわりと、甘すぎない、穏やかな味わいよく、ホッとひと息つくブレイクタイムにおすすめ。6枚入り、12枚入り、18枚入りとあり、箱にはバニラ、ショコラ、2つの味が入っています。

warakubeniya_03.jpg

「パンダ・サブレ」6枚入り700円(税込)~。賞味期限が2ヶ月程度と長いので、おみやげにぴったり

エキュート上野のキャラクター「うえきゅん」が描かれた箱は、「東京パンダケーキサンド」。スポンジの焼き目がかすかに香ばしく、ミルクとキャラメル、2種類のクリームが挟まれています。そのクリームに小さなチョコチップが潜み、いいアクセントに。しっかりした味わいで、手のひらサイズの見た目以上にボリュームがあり、大きな満足感が得られます。

warakubeniya_04.jpg「東京パンダケーキサンド」はミルククリーム、キャラメルクリームが3個ずつ、計6個入りで1,200円(税込)。賞味期限は10日程度

和楽紅屋は、ブランドを10以上手掛けているパティシエの辻口さんが、かつて実家で営まれていた和菓子店「紅屋」を復活させたいと思い、立ち上げたお店。和三盆や風味豊かな北海道産発酵バターをバケットに塗り込んで焼き上げた「和ラスク」が、看板商品です。その上品で優しい甘さは、和楽紅屋の他の商品にも通じる魅力。今回ご紹介した品々はどれも、大人にも子供にも評判の味わいです。

warakubeniya_05.jpg和楽紅屋の看板商品「和ラスク」14枚入り1,000円(税込)。和洋折衷のおいしさが魅力。賞味期限40日程度

warakubeniya_06.jpg「和ラスク」には、エキュート上野店限定のパンダパッケージがあります

「パンダのおなか」のモンブラン味(~12月末)、いちご味(1月)など、季節限定商品も登場。上野駅をご利用の際には、和楽紅屋 エキュート上野店にぜひお立ち寄りください。

和楽紅屋 エキュート上野店
住所 東京都台東区上野7-1-1 JR東日本上野駅構内3階 エキュート上野 
TEL 03-5830-1030
営業時間 8:00~21:30(日曜、祝日~20:30)※12月23日現在。新型コロナウイルス感染症対策に伴い、営業時間変更の可能性がございます。下記公式サイトよりご確認をお願いいたします。
定休日 無休
Web https://www.ecute.jp/ueno/shop/478(外部サイトへリンクします)

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top