2020.12.24上野東照宮のぼたん苑が1月1日(金・祝)より開苑!

上野東照宮の冬の風物詩「ぼたん苑」。苑内には150株の冬牡丹や、大切に育てた寒牡丹が色鮮やかに花を咲かせます。

botan2021_02.jpg寒牡丹・戸川寒

苑内にある枯山水の日本庭園との情景、さらには旧寛永寺五重塔も望め、風情あるぼたん鑑賞ができます。

冬の厳しい環境から守るために、開苑中は「わらぼっち」に包まれるのも趣があります。そしてこのわらぼっちには荒縄を用いて、さまざまな飾り結びが開苑当初から施されているのだそう。

botan2021_01.jpg昨年の苑内の様子

また、雪が降るとさらに美しさが引き立ちます。雪で白く覆われているなかに可憐な花が凛と咲いている様子は特別です。
苑内にはその他、蠟梅、満作、早咲きの梅などの花木も苑内に彩りを添えます。ぜひ、ゆったりとぼたんを鑑賞して冬ならではの花々を愛でませんか。
※来苑する前には必ず下記公式サイトに記載されている《ご来苑の前に》をご確認ください

第三十九回 上野東照宮 冬ぼたん
会場 上野東照宮
会期 2021年1月1日(金)~2月23日(火) 9:30~16:30(入苑締切)
入苑料(税込) 大人(中学生以上)700円、団体600円(20名以上) 小学生以下無料/東照宮拝観との共通券 1,100円
公式サイトhttps://www.uenotoshogu.com/(外部サイトへ移動します)

※新型コロナウイルス感染状況により、営業時間・定休日等が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。
※ご自身の体調が優れない場合は、来店を遠慮するなどの配慮をお願いいたします。また、それぞれの感染防止対策等にもご協力ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top