2020.09.15【BlueTrick 2k540店】職人の技が集結した国産デニム

ものづくりがテーマの複合施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」。デニムショップ「BlueTrick」はその一角にあります。店内には、インディゴ素材のオリジナル服がずらり。本店は「デニムの聖地」と呼ばれる岡山県井原市にあり、ここ2k540店でも、本場のものづくり精神に触れることができます。

bluetrick_01.jpg

メンズ「剣道生地 テーラージャケット」38,500円、「剣道生地 ベスト」15,950円、「ストール 絞り染め」6,898円、「ジャパン パンツ ストレート」19,580円
レディース「ショップコート BLドット」17,380円、「エンプロイリーブラウス」16,280円、「切り替えストール」12,980円、「サーカスパンツ デニム」17,380円(いずれも税込)

井原市が藍染織物の産地となったのは、江戸時代中期。現在もデニム生地の製造、ジーンズの縫製・加工など、関連工場が産業を支えています。「BlueTrick」はデザインやパターン、縫製を担い、生地は地元の関連工場に依頼。地域が一丸となることで、こだわりのある商品が生まれています。

bluetrick_02.jpg

生地の特性を活かした柄物が豊富。手触りや着た時のシルエットもそれぞれ異なる

色柄のバリエーションが多いのは、「BlueTrick」の特長の一つ。シンプルなものから、ジャガード織りのような一見パッチワークのように見え、実は織り方で柄を出すものまで、幅広く揃っています。カジュアルなアメカジ風の着こなしや、きれいめにまとめる着方など、多様なコーディネートが可能。また比較的生地が軽く、「デニムは重たいからあまり着なくなった」という年配の方にも好評だとか。

bluetrick_03.jpg

写真右は新品。左は同じ商品を2年間使用し「育てた」状態。色の変化も楽しんで

長く着るほど生地がこなれてくるのも、デニムの魅力。ビンテージの愛好家はよく「育てる」と表現しますが、3年、5年、10年と使用するうち、色味が柔らかくなり、肌なじみがよくなります。穴が空いたり、糸がほつれたりした場合は、2k540店でメンテナンスも受付。気軽にスタッフまでご相談ください。

bluetrick_04.jpg

ドット柄の「ネクタイ」9,790円、「切り替えネクタイ」10,780円、「蝶ネクタイ」6,490円(いずれも税込)

おしゃれに取り入れやすいのは、ネクタイやスカーフなどの小物。カジュアルなコーディネートにもぴったりです。「切り替えネクタイ」は、首元がインディゴ生地ではないので色移りが気になりにくいのがうれしい。「蝶ネクタイ」はサイズ調節ができ、贈り物におすすめです。

bluetrick_05.jpg

マスク、インナーガーゼ2枚、マスクポーチがセットになった「マスク・ポーチset」3,850円(税込)。紐の長さは調整可能

9月に2周年を迎える2k540店。9月18日(金)〜27日(日)まで、日頃の感謝を込めて周年祭が開催されます。期間中、1万円(税抜)以上お買い上げのお客様には、オリジナルのデニム手提げをプレゼント(なくなり次第終了)。この機会にお気に入りのアイテムを見つけてみませんか?

bluetrick_06.jpg

品揃え豊富な2k540店。店内では商品の試着も可能です。裾上げは無料で対応

BlueTrick 2k540店
住所 東京都台東区上野5-9-8 2k540内 E-3
TEL 03-6284-2437
営業時間  11:00~19:00
定休日 水曜
https://www.bluetrick.co.jp/(外部サイトへリンクします)

Related Article 関連記事

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top