2020.05.27【二天一流総本舗】靴職人に聞く、働く女性のための"快適な靴"の選び方

新しい靴を選ぶとき、みなさんはどのようなポイントを重視しますか? 働く女性のなかには、「理想の靴が、なかなか見つからない」という方も多いようです。
紐靴、パンプスなど、どんなデザインが自分に合っているのか? 今回は、「上野が、すき。ステーション」にあるオーダーシューズの専門店・二天一流総本舗で、女性のビジネスシューズの選び方を教えてもらいました。

202005_niten01.jpg定番の紐靴「円」33,000円(税込)。履き口のクッションが衝撃をやわらげてくれます

例えば、たくさん歩く外回りの営業の方には、紐靴がおすすめ。紐をしっかりと結ぶことで、靴の中で足が遊ぶのを防ぎ、歩きやすく、疲れにくくなります。
また、足がむくんでしまったら、紐をゆるめて調整することが可能。爪先側と足首側の結ぶ強さを変えて、微調整することもできます。

202005_niten02.jpg紐靴の機能を備えつつ、甲が見える女性らしいデザインの「凛」36,300円(税込)

一方、靴を脱いで客先にお邪魔することが多い方には、マジックテープのベルト式がいいでしょう。紐靴よりも脱ぎ履きするのがラクで、なおかつベルトをきっちり締めれば、靴の中で足が安定します。
二天一流総本舗の革靴は、職人によるオーダーメイド。足のサイズを採寸することから始めるので、土踏まずまでしっかりサポートしてくれます。

202005_niten03.jpg

「泉」36,300円(税込)。中敷きの厚みを出すなど、追加オプションも相談可

なお、靴底のヒール部分の形状は2種類あり、好きな方を選ぶことができます。丸みのあるものにすれば、より品のいい印象になり、太めのかかとならより安定性が高く、仕事に対する意志の強さを感じさせることもできます。
このように、デザインの希望を職人に伝え、相談しながら決められるのもオーダーメイドの醍醐味。普段のワークスタイルを説明し、それを踏まえて一緒にデザインを考えてもらうのもいいかもしれません。

202005_niten04.jpgかかとの修理は婦人3,300円(税込)〜、紳士は4,400円(税込)〜。細かい仕様は修理前に要相談

たくさん歩いて酷使した革靴は、適度に休ませることが長持ちの秘訣。社内に戻ったら、置き靴のフラットシューズに履き替えるのもいい方法です。

快適に働くことができ、仕事のモチベーションも上げてくれるデザイン。そんな一足をお探しの方は、ぜひ二天一流総本舗にお立ち寄りください。

202005_niten05.jpg

店内には、靴の他に、バッグや小物など、さまざまな革製品がずらり

二天一流総本舗 松坂屋上野店
※2020年6月1日(月)より営業再開。営業時間が急きょ変更になる場合があります
住所 東京都台東区上野3-29-5 松坂屋上野店 地下1階(パルコヤ側)
TEL 03-3832-1111(代)
営業時間 2020年5月31日(日)まで 11:00~18:00/6月1日(月)から 11:00~19:00
定休日 元日(松坂屋上野店に準ずる)
http://2ten1ryu.com(外部サイトへリンクします)

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top