2020.01.10シャンシャンが日齢937日を迎えました

上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャンが、2020年1月5日(日)に937日齢を迎え、体重測定が行われました。体重は68.2Kgで、前回12月5日(木)実施から4.0Kg増加しました。

0414_2020_01_07_GP_photo1_XiangXiang.JPGシャンシャン 令和2年1月6日撮影
公益財団法人 東京動物園協会提供

シャンシャンは健康状態にも大きな変化なく成長しているそうです。一日のうち11~14時間ほど休息をとり、残りの時間を採食や活動に費やすなど、成獣と同様の行動をとるようになっているそうです。


 また、2月4日から始めたシャンシャンのハズバンダリートレーニング(動物の健康な飼育と人間の安全な作業を目的として、動物に自発的な行動をとらせるための訓練)も継続しており、指示を出すトレーナーが変わっても特に問題なく腕から採血をすることができたのだとか。また、現在は口を開けさせるトレーニングを中心におこなっているそうで、動画では、シャンシャンが大きく口を開ける様子が見られます。

0414_2020_01_07_GP_photo2_LiLi.JPG
リーリー 令和2年1月6日撮影
公益財団法人 東京動物園協会提供

0414_2020_01_07_GP_photo3_XinXin.JPG
シンシン 令和2年1月6日撮影
公益財団法人 東京動物園協会提供


シャンシャンのえさはタケやササが中心になっており、それに加えてリーリーやシンシンと同様にリンゴやニンジン、パンダ団子、ペレットも食べているそうです。タケを上手に割って食べているシャンシャンの姿がとてもかわいいですね!

これからもシャンシャンの成長が楽しみです♪

ジャイアントパンダ3頭の様子 令和2年1月6日撮影
公益財団法人 東京動物園協会提供

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top