2019.12.08【夢二カフェ 港や】レトロ喫茶で夢二の絵柄のカプチーノを味わおう

夢二の世界を存分に堪能したい人は、ぜひ訪れてもらいたいところが、「夢二カフェ 港や」。
今回はそこで提供されるオシャレなカフェラテについてご紹介します。

夢二カフェ「港や」 竹久夢二美術館の敷地内に併設された夢二カフェ「港や」

夢二カフェ「港や」 スイーツの他にお食事メニューもあります

広々とした純喫茶風の店内。窓からは庭の緑を眺めることができるので、美術館を巡った後にゆっくり一休みするのにぴったり。

夢二カフェ「港や」 レトロな空間が広がる、ゆったりとした二階席

夢二カフェ「港や」 夢二が描く美人画のような写真が撮れる「ロマン写真館」の作品

こちらのカフェで人気のメニューが、夢二のカット絵が描かれた「夢のあと」というカプチーノ。絵柄は全部で5種類あり、どれが出てくるかは注文してからのお楽しみなのだとか。

「夢のあと」500円(税込) 「夢のあと」各種500円(税込)

また、定番メニュー以外に開催中の企画展とのコラボメニューも提供されています。漫画家やイラストレーターのサインやキャラクターの一部をラテアートとして使ったカプチーノが多いですが、時々スイーツメニューも登場するそう。
企画展タイトルや、画家の作品からイメージを膨らませて作るメニューは、考案したカフェスタッフと企画展担当の学芸員の方と話し合いながら決めています。

美術館で作品を存分に楽しんだ後に、レトロな喫茶でゆっくり作品の世界に浸るというのも贅沢な時間です。寒くなるこの季節は、可愛らしいカプチーノでほっこり温まりませんか?

夢二カフェ 港や
住所 東京都文京区弥生2-4-3(弥生美術館内)
営業時間 10:30~17:30(L.O. 17:00)
定休日 月曜(祝日の場合は翌火曜、展示替え期間中、年末年始)

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top