2019.12.11【国立科学博物館ミュージアムショップ】理系女子の心を鷲掴みにするマニアックなグッズ

国立科学博物館のミュージアムショップは、文具好きも足しげく通う人気スポット。
今回はたくさんあるアイテムの中から、人気のオリジナルグッズを紹介します。

国立科学博物館 広々とした店内には、書籍や雑貨、文房具などが盛りだくさん

広々とした店内には、理系ならば心躍らずにはいられない鉱物や生き物の化石、文房具などが所狭しと並び、お土産選びについつい熱が入ってしまいます。
その中でも特に人気なのが、国立科学博物館限定のオリジナルグッズ。かなりマニアックでキュートな文房具や雑貨がたくさん揃っています。

国立科学博物館 上:「食物連鎖(森)てぬぐい」1,100円(税込)、下:「食物連鎖(海)てぬぐい」1,100円(税込)

ショップですぐ目に飛び込んでくる「食物連鎖てぬぐい」。動物が描かれた美しい絵柄の日本てぬぐいは、色違いで揃えたくなってしまいます。同じシリーズの文房具もおすすめです。

国立科学博物館 食物連鎖(森)シリーズの文房具(価格は下記参照)

国立科学博物館 食物連鎖(海)シリーズの文房具(価格は下記参照)

食物連鎖シリーズは左下から外側から時計回りに、「てぬぐい」1,100円(税込)、「クリアファイル」306円(税込)、「自由帳A5」330円(税込)、「ふせん」397円(税込)、「マスキングテープ」440円(税込)、「ポケットファイル」459円(税込)、「ブックマーカー」380円(税込)、「シャープペンシル」488円(税込)。

国立科学博物館 「クリアファイル」それぞれ306円(税込)

また、地球館と日本館でみることができる標本や資料を、かわいらしくデザインしたシリーズも人気。

国立科学博物館 左が地球館、右が日本館のシリーズ(価格はそれぞれ同じ)

上から下へ順に、「クロッキー帳」591円(税込)、「ふせん」397円(税込)、「ボールペン」591円(税込)、「マスキングテープ」440円(税込)。
クロッキー帳は、あちこちの博物館・美術館を訪れたとき、みたものを記憶とともに記録に残してもらえたらというスタッフの思いもあって作られたそうです。

国立科学博物館 「オリジナルマスキングテープ」330円(税込)より

科博の展示をヒントに作られたという、虫や動物、海の生き物などのイラストが入ったオリジナルのマスキングテープ。種類が豊富でどれにしようか悩んでしまいます。

国立科学博物館 微生物図鑑シリーズはマニアックながらも根強い人気

そして、文具の中でひときわ異彩を放っていたのが、微生物シリーズ。ミジンコクリップには釘付けになりました。
左から順に「てぬぐい」1,100円(税込)、「ポケットファイルA6」366円(税込)、「ブックマーカー」380円(税込)、「ミジンコクリップ」428円(税込)、「マスキングテープ」330円(税込)。

国立科学博物館 オリジナルソックスは全4種類

オリジナルのソックスは、シースルー素材でおしゃれな着こなしアイテムとしての人気があります。種類は「微生物ソックス」「地層・化石ソックス」、「古代生物ソックス」、「遺伝子ソックス」の4種。下段の右側から3足「地層・化石綿ソックス」のみ866円(税込)。他シースルー素材のソックスはすべて1,100円(税込)。

国立科学博物館 忠犬ハチ公グッズもたくさん取り揃えています

子どもたちを中心に人気なのが、国立科学博物館限定のメダルです。

国立科学博物館 250円でペンダントかキーホルダーの外枠を選べます

国立科学博物館 メダルは全部で4種類から選べます

メダルをはめ込むペンダントとキーホルダーは別途250円で販売されていて、好きな絵柄のコインを選んではめる仕立て。来館の記念に購入される方も多いそうです。

手帳を新調する人も多いシーズン。科学博物館のオリジナル文具を揃えて、新年を迎えてみませんか。

国立科学博物館ミュージアムショップ
住所 東京都台東区上野公園7?20 国立科学博物館 日本館地下1階 
営業時間 09:30~17:00(金曜・土曜は20:00まで営業)
定休日 月曜
https://www.kahaku.go.jp/ (外部サイトにリンクします)

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top