2019.10.22ハロウィンで盛り上がる街へ、とっておきの仮装でくり出そう!

logoa.jpg

今年もいよいよ、毎年恒例「シタマチ・ハロウィン」の季節がやってきました。上野や御徒町、湯島といった下町エリアでは、10月31日(木)のハロウィン当日までイベントが目白押しです。パレードやライブ、グルメなど、子供も大人も思わずワクワク! 家族や友達を誘って、みんなで遊びに行きませんか?

パンフレットや関連イベントのフリーペーパー(PDF)は、公式サイトでも入手できます

ハロウィンといえば、やっぱり仮装! 10月26日(土)、思い思いの格好で街を練り歩くパレードが行われます。当日は16時に東京文化会館前広場を出発し、上野公園内のさくら通り、上野中央通りを経由して、JR御徒町駅前のおかちまちパンダ広場にゴール。最後はコンテストも開かれ、すてきな仮装には豪華賞品が進呈されます。(参加チケットの購入方法など、詳細は公式サイトでご確認ください)

「仮装パレード&コンテスト」の昨年の入賞者。今年はなんと11部門を用意!

子供たちにとってパレードと同じくらい楽しみなのが、同じく10月26日(土)の「トリックオアトリート」。受付でもらったバッグとスタンプ台紙を持って、対象店舗で「トリックオアトリート!」と言うと、お菓子をもらえます!
また、昨年から始まったアレルギー持ちの子供も安心して楽しめる「TEAL PUMPKIN PROJECT ? ティールパンプキンプロジェクト?」を今年も実施。アレルギーフリーのお菓子や、ちょっとしたおもちゃもあるので、軒先に掲げられた提灯(ジャックオランタン)を目印にお店を探してみてください。

「トリックオアトリート」の受付は上野動物園の弁天門前広場
※お菓子をもらえるのは、1人10軒までとなります

不忍池のほとりには、10月25日(金)~27日(日)、昨年も大好評だった「弁天門ハロウィン屋台村」が再び登場! キッチンカーや屋台テントが立ち並び、各地の特産品やグルメを味わうことができます。
ちなみに今年は、上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」(~2020年1月13日)とコラボした《糸杉》の巨大オブジェを設置。そのオブジェには、今年8・9月に実施された「シタマチ・ファクトリー」の来場者がデザインした提灯が取り付けられ、広場を照らします。

昨年の「弁天門ハロウィン屋台村」の様子。連日、たくさんの人で賑わいました

さらに10月26日(土)、27日(日)は、パンダ広場ステージイベントで大盛り上がり!
音楽ライブやダンス、紙芝居が披露され、さくらぱんだやよざくらぱんだ、うえきゅんなど、上野で活躍するパンダのキャラクターが勢揃いする時間帯もあります。
また、パンダ広場では今回初企画として、不要になった衣料品の回収を行いリサイクルに役立てる「ハロウィンdeエコフ」というエコなキャンペーンも実施されます。パレードに参加する方は、使った衣装をそのまま持ち込むこともできます。引き換えたアイテム数に応じて松坂屋上野店で利用できるショッピングサポートチケット1,000円分と引換えができるということなので、ぜひ利用してみてくださいね!くわしくはこちらのキャンペーンサイトをご覧ください(外部サイトにリンクします)。

気温が落ち着き、おでかけするのにぴったりの秋。「シタマチ・ハロウィン」で楽しみましょう!

シタマチ・ハロウィン
2018年10月1日(火)~31日(木) ※イベントによって異なる
開催エリア 上野・御徒町・湯島エリア
イベントの詳細は公式サイトをご参照ください
http://shitamachi-halloween.com/(外部サイトへリンクします)

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top