2019.02.14シャンシャンが日齢603日を迎えました

上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんシャンシャンが、2019年2月5日(火)に603日齢を迎え、体重測定が行われました。体重は45.0Kgで、前回1月5日実施から4.7Kg増えました。

シャンシャン上野動物園パンダ 平成31年2月12日撮影 D放飼場の木の上のシャンシャン
公益財団法人 東京動物園協会提供

すでに終日単独生活を送っているシャンシャン。2月4日(月)からは、シャンシャンのハズバンダリートレーニングをスタートしたそうです。ハズバンダリートレーニングというのは、受診動作訓練といって、動物の健康な飼育と、人間の安全な作業を目的として、動物に自発的な行動をとらせるための訓練なのだそうです。具体的には現在、ターゲットとなる棒に、鼻先を触れさせるという訓練をしているそうです。このような訓練を積み重ねることで、パンダにとって少ないストレスで安全に体を触ったり、採血をしたりといった健康管理ができるようになるんだそうです。

平成31年2月12日撮影 ハズバンダリートレーニングに取り組むシャンシャン
公益財団法人 東京動物園協会提供

寒い日が続きますが、上野公園では、桜が咲き始めています。春にはまたシャンシャンがお花見を楽しむ様子が見られるのでしょうか♪今から春が待ち遠しくなりますね。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top