2018.12.12パンダのシャンシャンが日齢547日を迎えました

屋内運動場のシャンシャン
公益財団法人 東京動物園協会 提供

上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんシャンシャンが、2018年12月11日(火)に547日齢を迎え、体重測定が行われました。体重は37.8Kgで、前回11月20日実施から0.4Kg増えました。

室内5号室のシャンシャン
公益財団法人 東京動物園協会 提供

シャンシャンは、2018年11月13日(火)からシンシンから離れ、単独でくらすための準備をスタートさせました。
段階的にシンシンと暮らす時間を減らし、ついに2018年12月10日(月)からは、終日離れて過すステップに突入しましたが、シャンシャンは落ち着いて生活をしているとのことでした。

非公開エリアのシンシン
公益財団法人 東京動物園協会 提供

一方で、シンシンは、別居時間が長くなるにつれ、自分の採食を優先したり、授乳もすぐに受け入れなかったり、途中で切り上げることが増えたり、以前とは違って、子育て優先の姿勢が薄れた状態が見られるようになったそうです。

動物園に行っても、一緒に遊ぶ様子は、観覧できなくなってしまい残念ですが、シャンシャンが成獣むけて立派に成長している証です。
引き続き、シャンシャンの成長を暖かく見守りましょう。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top