2018.08.24パンダのシャンシャンが日齢429日を迎えました

タケの葉を前肢でたばねて食べるシャンシャン
公益財団法人 東京動物園協会 提供

遅れましたが、上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんシャンシャンが、2018年8月15日(水)に429日齢を迎え、身体検査が行われました。体重は32.1Kgで、前回8月5日実施から0.5Kg増えました(体長は測定せず)。
昨年の2017年8月21日(月)に実施された日齢70日の身体検査では、体重が3756.4gでしたので約1年で8倍以上大きくなったことになります(日齢70日の情報は、コチラ)。

シャンシャン(左)と母親のシンシン
公益財団法人 東京動物園協会 提供

フンの内容物がタケの葉や幹で占められるようになったことは、日齢419日でも報告しましたが、タケの食べ方もじょうずになり、おとなと同じように前肢を使って数枚の葉をたばね、噛み切りながら少しずつ食べるようになったそうです。
9月に入れば、秋の遠足シーズン!上野動物園へ来園予定の方は、是非、シャンシャンにあいにきてください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top