2018.01.25鷽替えの神事

五條天神社「鷽替えの神事」で受けることのできる「神符(おまもり)」

編集員の佐藤です。

2018年1月25日(木)に上野の五條天神社で「鷽替えの神事」が行われました。
「鷽替えの神事」は、“うそ”といわれるアトリ科の美麗な小鳥をかたどった「神符(おまもり)」を年頭に受けて神棚にまつり、一年中に話した「虚言(うそごと)」をこの神符に託して、翌年神前に納め罪を滅ぼし、また、今迄の悪い出来事も「うそ」として祓い清め、吉に取替えるという縁起のよい神事です。

五條天神社「鷽替えの神事」でできた行列(動物園通り側)
撮影 2018年1月25日

五條天神社「鷽替えの神事」でできた行列(公園側)
撮影 2018年1月25日

五條天神社では、正月の一日の午前0時~、および初天神の1月25日に「鷽替えの神事」を行っています。
毎年「神符(おまもり)」を受けるために、早朝から多くの方が神社の周りに並ばれます。
「神符(おまもり)」を受けるための行列は、今年、午前8時15分頃の段階で、動物園通り側の入口から、神社周りの車道沿いに列ができ、花園稲荷神社の鳥居付近(韻松亭に近いほう)にまで達しました。
毎年感じますが、人々の関心がとても高い神事です。
ご興味のある方は、是非、2019年元日か、2019年1月25日に、防寒対策をしっかりして、五條天神社へお越しください。
なお、「神符(おまもり)」は、数に限りがありますので、ご注意ください。

Facebookでも旬な情報を配信中!

Go to Top