2016.04.18

2016.04.18 上野のさくら咲く、レポート

編集員の佐藤です。

今日はとても暖かく上野公園を少し歩くだけで汗ばむくらいでした。

本日は、2種類のサクラを紹介します。
1種類目は、ショウゲツ(Prunus lannesiana ‘Superba’)、不忍池の伊豆栄不忍亭前付近で咲いています。

上野 桜
【写真 ショウゲツ(Prunus lannesiana ‘Superba’)】

もと東京の荒川堤で栽培されていた品種です(公益財団法人日本花の会HPより)。

2種類目は、バイゴジジュズカケザクラ(Prunus lannesiana ‘Juzukakezakura’)、下町風俗資料館前付近で咲いています。

上野 桜  上野 桜
【写真 バイゴジジュズカケザクラ(Prunus lannesiana ‘Juzukakezakura’)】

原木は新潟県阿賀野市小島・梅護寺境内にあり、国の天然記念物に指定されています。親鸞上人が京に帰る途中、小島の里に泊り、出立のおりに手に持っていた数珠を桜の枝に掛け「我が弘むる御法にいつわりなくんば花ふさ数珠の如くにならん」というと不思議にもそのようになったのでこの名がつけられたといわれています(公益財団法人日本花の会HPより)。

遅咲きのサクラも身頃がすぎ、上野公園は徐々に緑が深まり、ご紹介できるサクラも残りわずかとなってきました。
今年最後の、サクラ見物に上野公園に来援してください。